バナー

合宿免許のメリット・デメリットについて

合宿免許とは、教習所に隣接する合宿所やホテルなどに宿泊し短期間での免許取得を目指す免許の取得方法です。
合宿免許のメリットは、短期間で集中して教習を行うことにより最短で14日間で免許取得ができることです。

合宿免許で運転免許を早く・安く・確実に取得!|合宿免許わかば関連情報サイトです。

通常の免許取得方法ですと、自分の希望する時間に教習を受講できなかったりキャンセル待ちであったりと時間と手間がかかります。



しかし合宿免許は、入校から卒業までのカリキュラムが組まれていますので短期間での取得が可能なのです。

合宿免許は、ほとんどがパック料金となっています。

教習・宿泊・食事がすべて込みの値段です。卒業まで保証されていますので補習代や延泊費用は必要ありません。
合宿免許は、普段の生活から離れた場所で行われますのでいつもとは違う環境に出かけることにより旅行気分を味わえるのも楽しみのひとつです。

合宿免許はメリットだけではなく、デメリットもあります。

短期間で免許を取得でき費用も安いことから非常に人気となっていますので予約を取るのが難しくなっている現状があります。
短期間に集中して取得していきますので、まとまった休みが必要になります。
学生でしたら長期休みを利用することが可能ですが社会人の人は難しくなります。

また、慣れない土地に2週間以上滞在することになりますのでホームシックにかかってしまうひともいるようです。

合宿免許の場所というのは、いわゆる田舎にあることが多いので交通量の多いところに住んでいる人は、あまりの車の通りの差に驚き運転が恐くなってしまうひともいるようです。

このようなデメリットがあることも知っておきましょう。

合宿免許の教習所選びとして、全国各地にある合宿所から選んでいかなければなりません。



各自動車学校によって、宿泊施設やスケジュールが異なりますので事前に情報収集を行い選んでいくと良いでしょう。


しっかりと選ぶことにより、損をしない自分にぴったりの教習プランが見つかります。